※プロフィール画像の使用に
関するお願い(必ずお読み下さい)

LIVE812ストリーミング配信規約

本LIVE812ストリーミング配信規約(以下「本規約」という)は、株式会社MyStar(以下「当社」という。)が提供するオンラインストリーミング配信サービス「LIVE812」(以下「本サービス」という。)におけるオンラインストリーミング配信に関し、当社と本サービスでストリーミング配信を行う者(以下「配信者」という。)との間に適用されるものである。 配信者は、本規約の全文をよくお読みいただき、かつ確実に理解した上で、本規約に基づき本サービスを利用しなければならない。本規約は、配信者と当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用される。配信者は、本サービスを利用することにより本規約に同意をしたものとみなされる。 本規約に定めのない事項については、LIVE812利用規約その他の当社が定める規約、ガイドライン、ルール等の利用条件(以下、総称して「利用条件等」という。)に従うものとする。なお、本規約と利用条件等に定める内容が異なる場合(相反する場合を含む。)には利用条件等に定める内容が優先して適用されるものとする。

第1条(本規約に基づくストリーミング配信契約の成立)

  1. 株式会社YAIZOO(以下「YAIZOO」という。)が、本サービスにおいて配信者のアカウントを作成し、当該配信者が当該アカウントを使用して本サービスにログインすることによって、当社と配信者との間に、本規約に基づくストリーミング配信契約(以下「本契約」という。)が成立するものとする。

第2条(ストリーミング配信の開始)

  1. 配信者は、自身のアカウントによる本サービスへの初回ログイン後、速やかにストリーミング配信(以下「本件配信」という。)を開始するものとする。

第3条(本件配信の対象地域)

  1. 本件配信は、全世界を対象としたオンラインストリーミング配信とする。

第4条(配信者の義務)

  1. 配信者は本件配信中、本サービスの利用者である視聴者と積極的にコミュニケーションを図りながら、自身の配信内容の充実に努めなければならない。
  2. 配信者は本件配信を行う前に配信内容や配信方法について当社またはYAIZOOから説明を受けなければならない。また、本件配信後も配信頻度や配信内容等の水準およびパフォーマンスの特色が当社の求めるものに達しない等、問題があると当社が判断した場合には、当社から注意や改善要請を受けることがあり、その場合、かかる注意や改善要請等に従わなければならないことを予め承諾する。
  3. 配信者は本件配信を行う際には、Facebook、Instagram、twitter等で本件配信を行うことを事前に告知するものとする。
  4. 本件配信に必要な機器、通信手段などは、配信者の費用と責任で備えるものとする。
  5. 配信者は、当社またはYAIZOOから所定の情報を本サービスにて提供することを求められた場合、所定の期限内に当該情報を提供するものとする。

第5条(禁止事項)

  1. 配信者は以下の各号に該当するものを配信してはならない。
    1. 第三者を誹謗中傷する言動、脅迫的言動、差別的言動、わいせつな言動など、不適切な言動を含む内容
    2. ヌード写真、ポルノ、アダルトビデオ、アダルトグッズ、その他の性的描写及び暴力的行為を含む内容
    3. 本サービスの利用者に対する過度な要求を含む内容
    4. 特許権、商標権、意匠権、著作権等の知的財産権、肖像権及びその他の第三者の権利を侵害する内容
    5. 当社を含む他人の名誉または信用を毀損する内容
    6. 無限連鎖講及びマルチ商法等に関する内容
    7. 犯罪行為及び犯罪行為を誘発する内容
    8. 個人情報、営業秘密その他一般に公開されていない情報を含む内容
    9. 申込者が登場せず、第三者が作成した写真、動画、映画、音楽、文章及び絵画等を映すだけの内容
    10. 本契約の内容や本サービスの運営状況についての発言を含む内容
    11. 上記のいずれかに該当するおそれのある内容
    12. 当社の利用条件等により禁止している言動等を含む内容
    13. その他当社が不適切であると判断した内容
  2. 配信者は本件配信と当社以外の第三者が運営管理する同様のサービスにおける配信を同時に行ってはならない。
  3. YAIZOOと独占的タレント契約を締結している配信者は、第三者が運営管理する本サービスと同様のサービスにおける配信を一切行ってはならない。

第6条(未成年者の本件配信について)

  1. 未成年者、成年被後見人、被保佐人、被補助人が配信者として本サービスを利用する場合、法定代理人、後見人、保佐人、補助人の同意を得るものとする。
  2. 配信者が18歳未満の場合、22:00以降翌朝5:00までは本件配信を行ってはならない。なお、本件配信の頻度、配信時間、配信時間帯については、法定代理人が責任をもって管理、指導するものとする。

第7条(当社による宣伝広告等)

  1. 配信者は、当社または当社が指定する第三者が、配信者が本サービス上においてアップロードした投稿、写真および動画等(以下、併せて「本件投稿等」という。)ならびに本件配信の内容を、配信者または当社の宣伝広告等を目的として本サービスで再配信することおよび本サービス以外でのメディア(当社が運営するFacebook、Instagram、twitter等のSNSアカウント、公共施設の大型スクリーンおよび駅構内における電子公告掲示板等を含むが、これらに限らない。)でも使用することを予め許諾する。

第8条(表明保証及び補償)

  1. 配信者は本件投稿等および本件配信の内容(背景映像やBGM等を含む。)が第三者の知的財産権、肖像権、その他いかなる権利も侵害しないことを表明し、保証する。本件配信の内容について、第三者からクレーム、苦情、異議申し立て等がされた場合、配信者は自己の責任と費用負担をもって解決するものとし、当社に損害が生じた場合はその全額を賠償する責任を負う。
  2. 配信者は、本件配信に第三者を参加させる場合は、当該第三者に第5条ならびに前項および本件配信の内容を十分に説明し、その了解を得た上で参加させることを保証する。配信者が本件配信に参加させた第三者の言動等により、他社から第三者からクレーム、苦情、異議申し立て等がされた場合においても、配信者は前項による責任を免れず、これにより当社に損害が生じた場合には、配信者と参加した第三者とは、当社に対し、連帯して前項の責任を負うものとする。

第9条(配信者の通知義務)

  1. 配信者は自身のアカウント情報に変更が生じたときは、その旨を速やかに当社およびYAIZOOに報告すると共に、当社およびYAIZOO所定の変更手続きを行わなければならない。

第10条(権利義務等の譲渡禁止)

  1. 当社および配信者は、事前に相手方の書面による承諾を得た場合を除き、本契約上の地位および本契約から生ずる権利義務の全部または一部を、第三者に譲渡し、承継させ、または担保に供してはならない。

第11条(中途解約等)

  1. 当社は、本契約の有効期間内にかかわらず、配信者が本契約を履行しない場合、配信者による配信頻度および配信内容等が当社の求める水準に達しない場合、または本件配信における配信者のパフォーマンスに特色がないと当社が判断した場合、配信者に対する本契約を解約する旨の通知後ただちに本契約を終了することができる。この場合、当社は配信者に対し、何らの補償を要しない。

第12条(解除および期限の利益喪失)

  1. 当社および配信者は、相手方が本契約の条項の一に違反した場合、当該相手方に対して相当期間を定めて違反の是正を催告し、当該違反が当該期間内に是正されなかった場合は、直ちに本契約の全部または一部を解除することができる。
  2. 当社および配信者は、相手方が次の各号の一に該当した場合、何らの通知催告を要せず、直ちに本契約の全部または一部を解除することができる。
    1. 手形、小切手の不渡り処分を受け、または手形交換所の取引停止処分を受けたとき
    2. 差押え、仮差押え、仮処分もしくは競売の申立て、または公租公課の滞納処分を受けたとき
    3. 破産手続開始、民事再生手続開始、会社更生手続開始、特別清算手続開始の申立てがあった場合
    4. 営業の廃止、または合併によらず解散したとき
    5. 資産または信用状態に重大な変化が生じ、本契約に基づく債務の履行が困難になるおそれがあると認められるとき
    6. その他、前各号に準じる事由が生じたとき
  3. 前2項の規定は、当社または配信者の相手方に対する損害賠償の請求を妨げない。
  4. 当事者の一方に第1項(ただし、同項に基づき解除がなされた場合)および第2項各号のいずれかに該当する事由が発生した場合、当該当事者は、相手方に対する一切の債務について当然に期限の利益を喪失する。

第13条(損害賠償)

  1. 当社および配信者は、本契約の履行に関連して相手方に損害を与えた場合、当該相手方に対し、相手方が直接かつ現実に被った通常の損害について当該損害(弁護士費用を含む。)を賠償する責を負う。ただし、配信者がYAIZOOの専属タレントの場合における損害賠償の金額は、500万円を上限とする。

第14条(不可抗力)

  1. 自然災害、戦争、ストライキ、政府による行為、ハッカーによる攻撃、その他の不可抗力により、本契約の全部または一部に履行の遅延または履行不能の事態が生じた場合は、当社および配信者はその責を負わない。ただし、当社および配信者は、かかる事態の存在を相手方に速やかに通知するとともに、かかる事態の解消に向けた必要な措置を講じて、相手方が被る損害をできる限り減じる旨努力するものとする。

第15条(免責)

  1. 当社の責めによらない事由により、本件投稿等のアップロードおよび本件配信の全部または一部が不能となった場合でも、当社はその責任を負わない。

第16条(本サービスの中断)

  1. 当社は、次の各号に定める場合、配信者に事前の通知をすることなく、本サービスの運営の全部または一部を、一時中止または中断することができる。この場合、配信者に生じた損害について、当社は一切責任を負わない。
    1. 本サービスの保守点検を定期的または緊急に行う場合
    2. 本規約に違反する事実が発見された場合
    3. その他、当社が本サービスの運営上必要であると判断した場合

第17条(秘密保持)

  1. 当社および配信者は、相手方の事前の承諾がある場合を除き、本契約に基づいて知り得た相手方の技術上および営業上の秘密情報、個人情報、その他一切の情報(以下「秘密情報等」という。)を本契約の契約期間中だけでなく、契約期間終了後においても、第三者に対して、開示または漏洩してはならない。
  2. 配信者は、本契約の内容、本契約締結に至るまでの経緯および交渉内容等を、本契約の契約期間中だけでなく、契約期間終了後においても、第三者に対して、開示または漏洩してはならない。
  3. 前2項にかかわらず、当社は、本サービスの運営管理を行う上で必要最小限の役員、従業員、および弁護士または税理士等の専門家である第三者に対して、秘密情報等および交渉内容等を開示することができる。また、法令または裁判所、監督官庁その他情報受領者を規制する権限を有する公的機関の裁判、規則もしくは命令に従い、必要がある範囲で、秘密情報等および交渉内容等を開示することができる。

第18条(反社会的勢力の排除)

  1. 当社および配信者は、相手方に対し、現在、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標榜ロゴまたは特殊知能暴力団等その他これらに準ずる者(以下、総称して「暴力団員等」という。)に該当しないこと、および次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証する。
    1. 暴力団員等が経営を支配していると認められる関係を有すること
    2. 暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
    3. 自己もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること
    4. 暴力団員等に対して資金等を提供し、または便宜を供与する等の関与をしていると認められる関係を有すること
    5. 役員または経営に実質的に関与している者が、暴力団員等であること、または暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること
  2. 当社および配信者は、自らまたは第三者をして、次の各号に掲げる行為を行ってはならない。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、強迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて相手方の信用を毀損し、または相手方の業務を妨害する行為
    5. その他、全各号に準ずる行為
  3. 当社または配信者において第1項の保証に反する表明をしたことが判明した場合、または第2項に違反した場合、その相手方は、何らの催告を要せずして、本契約を解除することができる。その場合、解除された者は、解除により生じる損害について、その相手方に対し一切の請求を行わない。

第19条(契約期間)

  1. 本契約の有効期間は、本契約締結日(第1条による本契約成立日)から1年間経過した日が属する月の末日までとする。なお、有効期間終了の1ヶ月前までに、当社または配信者のいずれかより本契約終了の申入れがない場合、本契約は、同一の条件でさらに1年間延長するものとし、その後も同様とする。

第20条(存続)

  1. 第13条、第17条、第22条、第25条の規定は、本契約の終了後もその効力を有するものとする。

第21条(業務の適正の確保)

  1. 配信者は、本サービスの利用目的が犯罪収益移転に関わるものではないことを表明し、保証します。
  2. 前項の内容の確認等のため、当社が配信者に対し、本人特定事項の確認のための情報、書類等を提示または提出するよう請求した場合、配信者はそれに応じなければなりません。
  3. 配信者は、前項により確認した本人特定事項に変更があった場合には、当社に対し速やかにその旨を通知するものとします。

第22条(準拠法)

  1. 本契約の成立、効力、履行及び解釈については、日本法に準拠する。

第23条(協議事項)

  1. 本規約に定めのない事項または本規約の条項の解釈に疑義が生じた場合、当社と配信者は、信義・誠実の原則に従って協議の上、円満な解決を図るものとする。

第24条(本規約の変更)

  1. 当社は、必要に応じ、本サービス内の適宜の場所への掲示をすることにより、配信者に予め通知することなく、いつでも本規約および個別規約の内容を随時変更できるものとし、当該掲示をしたときに当該変更の効力を生じるものとします。本規約および個別規約を変更した場合、本サービスに関する一切の事項は変更後の規約によるものとします。本規約および個別規約の変更後に、配信者が本サービスを利用した場合または当社の定める期間内に退会の手続をとらなかった場合には、配信者は、本規約および個別規約の変更に同意をしたものとみなされます。当社は、本規約および個別規約の改定または変更により配信者に生じたすべての損害について、当社の故意または重過失に起因する場合を除き、一切の責任を負いません。

第25条(合意管轄)

  1. 本規約および本契約に関して生じた一切の紛争については、当社の本店所在地を管轄する裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。